パンダ
ざっくり言うと
・野生動植物の絶滅危機の度合いを示す「レッドリスト」が4日、更新された
・ヒガシゴリラは密猟により、絶滅まであと1歩の「近絶滅種」に引き上げた
・保護活動で個体数が増えたジャイアントパンダは「危急種」に引き下げた





ジャイアントパンダ
ジャイアントパンダ(Ailuropoda melanoleuca)は、 食肉目クマ科ジャイアントパンダ属に分類される食肉類。 白と黒にはっきりと分かれた体毛が際立った特徴である。 ジャイアントパンダ属の、唯一現生する1種。 四川と秦嶺の2亜種が知られる(後記「#分類」を参照)。 中国大陸で進化し、アバ・チベット族チャン族自治州域内が主たる生息地である。 現在では中華人民共和国のごく限られた地域(四川省・陝西省など)にわずかな頭数が残存する、 竹食などの草食傾向が比較的高い雑食性の大型哺乳類。 wiki/ジャイアントパンダ
ヒガシゴリラ
ゴリラは霊長目ヒト科ゴリラ属(Gorilla)に分類される種の総称。
以前はゴリラ1種から構成され、1923年に頭骨の比較から西部個体群
(基亜種ローランドゴリラG. g. gorilla)と
東部個体群(亜種マウンテンゴリラG. g. beringei)の2亜種に分けられた。
1961年に下顎骨の比較から亜種を独立種2種に分割し、
マウンテンゴリラから東部低地個体群
(亜種ヒガシローランドゴリラG. b. graueri)を分割する説もあった。
一方で1971年には1種3亜種とする説が提唱され、
近年までこの分類が主流とされ亜種ヒガシローランドゴリラが
ニシローランドゴリラとマウンテンゴリラの中間型と考えられていた。
ミトコンドリアDNAのCOII遺伝子やDループ領域の分子系統解析から、
西部個体群(基亜種ニシローランドゴリラと亜種クロスリバーゴリラ)と
東部個体群(基亜種マウンテンゴリラと亜種ヒガシローランドゴリラ)との
遺伝的距離がチンパンジー属の種間距離に匹敵するとして以下の2種に分ける説もある。
ミトコンドリアDNAの解析からニシゴリラとヒガシゴリラが分化したのは250万年前と推定されている。
wiki/ゴリラ

【動画あり】胸が大きすぎてアクセサリーが谷間にwwwwどうなったか想像できるよね?
浜田のドスケベガーター姿
ニャンジャ(忍者キャット)壁登りをするネコちゃんたちのまとめ動画。
身長175cmでGカップの日本人離れしたボディ
【朗報】SKE48にも神◎が・・・イタ━━(゚∀゚)━━!!
【悲報】アイドルが夜遊びをしていたwww「夏最高大好き愛してる」